大人気のガールズーバーとは?

ガールズバー

現在、日本で幅広い男性に注目されているのが、ガールズバーです。
これは、通常のバーとは異なり、顧客層を男性客対象にしたお店として構えられ、バーに常駐するバーテンダーなどのスタッフが女性中心で構成され、ここ数年の間で急成長を遂げているジャンルのお店です。
カウンターに顧客が座り、反対のカウンター越しに女性バーテンダーがお酒を提供したり、会話などを通して接客するというスタイルで営業されています。
キャバクラなどと比較されることもありますが、決して似通っている業態であるわけではありません。
キャバクラは接待に当たるため、風営法で規制される対象に当たります。
一方のガールズバーは、飲食店の部類に分けられるために、風営法の規制対象には当たらず、深夜営業が可能となっており、営業時間の規制がないのが特徴です。
ただし、深夜営業する店舗の場合は、働いている全スタッフの年齢が18歳以上である必要があります。
キャバクラは顧客と隣の席に座って接待する形ですが、飲食店であり、女性バーテンダーは通常のバーテンダーと同様にカウンター越しの接客ですから、体が触れ合うこともありません。
ガールズバーへ訪れる男性客がどのような点に魅力を感じて訪れているのかというと、若い女性バーテンダーとの会話などを楽しみながら、お酒を頂けるという点に魅力を感じているのです。
年齢層も幅広く、若い男性から30代、40代、50代の男性などの多くの男性から支持を受けています。
接待される事が目的ではなく、単に女性との会話を楽しみたいという男性たちが多く訪れているお店と言えるでしょう。
誕生した当初は、都市部の繁華街を中心に展開されている傾向にありましたが、日本で認知度が高くなってきたことから、最近では地方都市においても展開されています。
接待するキャバクラとは異なり、料金体系も比較的リーズナブルな店舗も多いため、手軽に利用できる点を含めて、人気となっています。